肉割れ線とダイエットの関係

肉割れ線とダイエットの関係は大きく、ダイエットして痩せてスリムなボディーになれたのに、急に痩せたために肉割れができてしまって心から喜べないという人は多いです。

急に痩せると血流が悪くなり、細胞内でのコラーゲン生成も滞り肌のみずみずしさが失われ乾燥しがちになります。肉割れは皮膚の真皮層にあるコラーゲン繊維がこわれてしまうことで起こるので、皮膚の水分保持が大切になります。

ダイエットして急に痩せると、肌の乾燥が早まるので、ダイエットは肉割れの大きな原因になります。肉割れは主にお尻、太もも、ふくらはぎ、二の腕に起こりますが、お腹の妊娠線も肉割れの一種です。

肉割れを治すことは難しく、それほどひどくなければ、あまり気にしないことも大事です。皮膚は常に再生されているので、日にちが経つとひび割れ線が薄くなり治っていく場合があります。

それでも肉割れ跡を治したい場合は手術で消すという方法もありますが、費用がかかりレーザー治療の場合副作用として火傷跡が残る場合があります。ある美容クリニックでは皮膚の真皮層に有効成分を注入して、コラーゲン生成を促すという方法も行われています。直接、皮膚にコラーゲン分子が注入されるので効果が大きいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です